私が利用した健康食品は、日本の離島では、珍しい古くから自給自足のできる島です。長崎県第2位の平野である深江田原を擁する米どころで、メロンなどのフルーツもおいしいです。また、好漁場で知られる四方を玄界灘に囲まれていることもあり、新鮮な魚介類が一年を通じて楽しめます。春から夏にかけては芦辺町八幡浦では海女漁も行なわれ、アワビやサザエが採れます。日帰り温泉施設を含めると10箇所ほどの温泉施設もあり、特に冬場の時期は心地良い時間を送ることができます。夏は海水浴で賑わい、開放的な雰囲気が人気で、今年は島外からの外国人観光客も多く訪れました。食べ物に恵まれて自然溢れる地域で、とてものんびりしています。

健康食品を利用してみて、離島ならではの問題かもしれませんが、車がないと生活できません。まだ何とか島内に点在する漁師町には小さなお店がありますが、必要なものを揃えるには車に乗って大きなショッピングセンターやロードサイド型の量販店へ行かなければなりません。高齢化が進んでいるので、今後はスーパーなどが移動販売をはじめることを期待しています。余暇の過ごし方として娯楽がないため、集まりごとが多くなるのは良しとしても、文化的な施設の不足がほかの自治体と比べて明らかです。子どもが地域の宝と考えると、現存する図書館をもっと充実させて欲しいものです。
参考にしたサイト>>>>>全身脱毛浜松

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *